今年もインドネのシヴァーナンダヤルダムアシュラムから、ナタラージ&カリヤーニ&サンディープの3名の先生が来日します。日本全国をツアーで廻り、インドへ帰国前のファイナルプログラムとして東京に来てくださいます。
日本滞在中最後に先生方に会える最後のチャンスですので都合のつく方はぜひ。

今回のプログラムのテーマは「シヴァナンダヨーガ、古典的なヨーガの教えに触れる一日」
日々の練習の意味を思い出させてくれるシヴァーナンダヨーガの本質を確かめてみましょう。

7月15日(日) 

 時間 プログラム  受講料
18:00-19:30 サットサンガ 「シヴァーナンダ先生のマハサマディに寄せて」
講師:ナタラージ
ドネーション制クービック予約システムから予約する

7月16日(月)

8:00-9:45 サットサンガ講話「古典的な4つのヨーガの道を現代社会に活かすには」
講師:ナタラージ
ドネーション制クービック予約システムから予約する
10:00-12:00 2時間の特別オープンクラス 講師:サンディープ 一般/3,240円、会員およびTTC卒業生/2,700円クービック予約システムから予約する
13:30-15:00 講義「バクティヨーガとキールタン、内なる神へ向ける心」 講師:カリヤーニ 一般/2,700円、会員およびTTC卒業生/2,160円クービック予約システムから予約する
15:30-17:30 バックベンド~後屈のアーサナを深めるワークショップ
講師:サンディープ
一般/3,240円、会員およびTTC卒業生/2,700円クービック予約システムから予約する
18:00-19:30 サットサンガ講話「社会生活の中での正しい行い~カルマヨーガの本質」
講師:ナタラージ
ドネーション制クービック予約システムから予約する

 

ナタラージ先生
南アフリカ出身(イタリア系)、南インドにある一番大きなアシュラム、ニヤルダムアシュラムのディレクター。最多時には500名もの生徒やスタッフの陣頭指揮を執り、TTC では解剖学や瞑想の講座を担当、毎日のサットサンガで講話を務める。ヨガ歴 20 年。


カリヤーニ先生
イギリス出身、ナタラージ先生の片腕としてニヤルダムアシュラムの切り盛りやシヴァナンダアシュラムの膨大な経理などを担当。サットサンガでのハルモニウムの演奏を長年担当し、神様、マントラ、キールタンに精通している。日本で初の岡山 TTC の来日以来 2 年に一 度ジャパンツアーで来日。ヨガ歴 20 年。


サンディープ先生
南インド・ケララ州出身、小さな頃からアシュラムで育ち、2017 年に新しくできたインドのグドゥールにあるタパスウィニアシュラムのディレクター。 タイやインドでのTTC のアーサナの指導を担当。アーサナの解説が分かりやすいと評判。ジャパンツアーでは毎年来日している。