シヴァーナンダヨーガ オンライン講師養成コース

全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)

【日程】2020年9月2日(水)〜9月30日(水)

◆申込受付は終了しました。◆ 

◆ご家庭に居ながら本格的なヨーガの教えをリアルタイムで

◆英語での講義を日本語に同時通訳

◆専任スタッフによる日々の個別指導

シヴァーナンダヨーガでは、コロナウイルスによる休業が始まった直後から、ヨーガの​​クラスとコースをオンラインで提供し始めました。世界各地のアシュラムやセンターから配信されるオンラインのプログラムは、すでに大勢の方たちにご利用いただいています。定期的な練習は、孤立から来るストレスに対処するために役立ち、普遍的なエネルギーとつながることは、慰めと積極性をもたらします。今回その経験を踏まえて、シヴァーナンダヨーガ講師養成コースをオンラインで提供することが可能になりました。

タイムゾーンについて

コースは、日本時間に合わせて計画されています。海外にお住いの方で日本語通訳付きのコースを希望される場合は、居住国との時差をご確認の上お申し込みください。

 

 

コースのメリット

もちろん、これまでのシヴァーナンダヨーガ講師養成コースとは異なる体験となるでしょう。しかし、このオンラインでのコースは、今までのコースにかなり近く、内容も充実しています。

  • コースを受講することで、自宅での時間を有意義に使うことができます。練習を強化し、ヨーガの新しい側面を学び、健康的で前向きなライフスタイルを実践するための時間になるでしょう。
  • 私たちは現在、移動を制限されていますが、それはまた、習慣、精神的傾向、人生に対する見方など、自分自身を振り返る機会を与えてくれます。オンラインTTCは、この深い探求プロセスをサポートし、内面への洞察を得ることを可能にします。
  • このコースを通して適応性 、心の開放、そして創造性を養う技術を学ぶことは、あなたの人生や人間関係、また、世界とのつながり方を変える機会を与えてくれるでしょう。自分の住居をスピリチュアルな学びの場に変容させる方法を学びます。インスピレーションを得ることで、コース終了後も体系的な練習を続けることができるでしょう。
  • 健康的でおいしいベジタリアンの食事を作る方法を学びます。
  • アーユルヴェーダ、マントラの詠唱、インドの芸術など、各分野の知識をゲスト講師やアーティストから学びます。
  • 授業内容についての質疑応答、アーサナ、プラナヤーマ、瞑想、マントラの実践について、専任スタッフによる毎日の個別指導があります。
  • 普段のコースの受講料には部屋代と食事代が含まれますが、オンラインコースでは必要ないため、参加しやすい受講料となっています。

コース概要

このコースは、1969年にスワミ・ヴィシュヌ・デヴァナンダによって創設された、世界初の西洋人向けのヨーガ講師養成コースで、これまでに48,000人が卒業しています。コースは、スワミ・ヴィシュヌ・デヴァナンダによって個人的にトレーニングされた講師たちの監督の元で行われています。コースの目的は、自身の実践と規律を通してヨーガの経験を他者に伝えることができるような、資質とインスピレーションに溢れたヨーガ講師を輩出することです。また、より多くの人々が内なる平和を経験すれば、その平和を外側にも広げることができるという、世界平和のビジョンにも基づいています。

  • 1日の内容:瞑想セッション1回、ヨーガクラス1回、クラスの教え方を学ぶクラス、講義2回(週に1日講義のない日があります)
  • 4週間の内容には、ヨーガのすべての側面に関する理論的および実践的なトレーニングが含まれており、各45分の267のクラスで構成されています。
  • コースを修了すると、インターナショナル・シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター(ISYVC)からの国際的な認定書が授与されます。認定書の称号は「オンライン・シヴァーナンダ・ヨーガ・ティーチャーズトレーニングコース修了者」です。このコースはRYS(Registered Yoga School)200時間として全米ヨーガアライアンスの認定基準を満たしています。
  • オンラインTTC修了後に、各交通機関での安全な移動が可能になった時点で、日本またはアジア圏において10日間の合宿を開催する予定です。この合宿は、オンラインTTC修了生の方たちが講師の指導の下で集団生活を送り、アシュラムの日課と精神性を体験していただくためのものです。参加は必須ではありませんが、日程の調整が付く方は、ぜひご参加ください。合宿の日程・場所・参加料金等の詳細は、決まり次第お知らせいたします。10日間の合宿に参加された方には、通常のTTC卒業者が受け取るヨーガ・シロマニ(*)の称号が与えられます。
    (*)シヴァーナンダ・ヨーガの上級講師養成コース(ATTC) およびサーダナ・インテンシヴと呼ばれる集中修行コースを受けるためには、ヨーガ・シロマニの称号が必要です。
  • コースに参加するための条件は、ヨーガのテクニックを学び、新しい知識を受け入れることを真摯に望んでいることです。コース受講前に既にヨーガの基本的なエクササイズやヨーガの哲学を学んでいる方は、それらが役に立つでしょう。しかし、絶対に必要なわけではありません。全くの初心者の方でも参加が可能です。
  • このコースでは、初心者から中級者にヨーガのポーズ、呼吸法、リラクゼーションを教える技術だけでなく、自分自身のヨーガ技法を改善する方法も学びます。
  • オンライン受講の方法:ZOOMを使います。チャットやグループ画面の機能を備えていて管理しやすいためです。使い方が分からない方には説明やお手伝いをさせていただきます。私たちは、過去6か月間のオンラインコースで、ZOOMを問題なく使用してきました。ZOOMを通して、日本語の同時通訳が付きます。

 

 

 

コースカリキュラム

カリキュラムは、伝統的なヨーガの4つの道に基づいた、ヨーガの5つのポイントが含まれます。

  1. 適切な運動(アーサナ)
  2. 適切な呼吸(プラーナヤーマ)
  3. 適切な休息(シャヴァーサナ)
  4. 適切な食事(ベジタリアン)
  5. ポジティブな思考と瞑想(ヴェーダーンタとディヤーナ)

Q&A TTC説明会で参加者から挙がったり、東京センターに寄せられた質問と回答をご紹介します。

Q1.ヘッドスタンドも指導および練習をしますか?
A1. 万全な安全対策をしたうえで練習を行い、指導方法も学びます。

Q2.週に一度の休日はいつですか?
A2. 火曜日です。

Q3. 英語を学んでおく必要がありますか?
A3.  授業はすべて通訳がつきます。担当するスタッフもすべて日本語を話しますので、英語が出来なくても大丈夫です。

Q4. 仕事のため何日か参加できない日があるのですが参加は可能ですか?録画での補習などはありますか?
A4. オンラインであっても通常のTTC同様すべてのクラスの参加が義務付けられています。急病などやむを得ない理由により講師の許可を得ての欠席は許可されます。
録画での補講などはありません。
ご自宅からの参加であっても、自己の規律を守ること、学ぶ姿勢は通常のTTCと同じように求められます。

Q5.  オンラインTTCを卒業した後の10日間のリトリートは1度のみの開催ですか?
A5.詳細、次期は未定ですがコロナウィルス感染拡大が収束ののち、精進湖で1度、その後ベトナムアシュラムにて数回参加の機会が設けられる予定です。

Q6  クリヤ(浄化法)はすべて行いますか?
A6.一人でも安全に行えるものは行いますが、講師と対面で行う必要があるものは後日の10日間のリトリート時に実践します。

Q7.定員はありますか?通常のTTCと違って、個々を見てもらえる時間が無いのですか?
A7.日本人については30名が定員となります。個々に選任の担当者がつきます。細かな指導、補習にあたりますので、通常のTTCと同じようにもしくはそれ以上にサポートとされますのでご安心ください。

Q8.  コース中の食事はどうしたら良いですか?
A8.  アシュラムで提供される食事同様、ベジタリアンが推奨されます。期間中にベジタリアンのクッキングワークショップも予定されています。
動物性のもの(肉、魚、かつおダシなど)を使用せず、野菜、豆、穀物などをバランスよく食べてください。瞑想の妨げとなるニンニク、ネギ類、コーヒーなども控えると良いでしょう。

Q9.  コース期間中、精進湖リトリート、東京センターに滞在することは可能ですか?
A9.  スタッフはコース運営に専念する必要があるため滞在はお断りしています。申し訳ありません。

Q10. スマホだけでも参加できますか?
A10. ノートPCやIpadなどある程度画面が大きいものをオススメします。講義は問題ないと思いますが、アーサナの指導方法などを学ぶ際に、身体の動きなどが見える必要があります。様々なアプリを活用したり、機材を購入せずに対応する方法もあると思いますのでセンターにご反談ください。

コースの料金

受講料:180,000円 受講料には28日分のコースの講義、教科書、ユニフォーム2組が全て含まれます。

申し込み方法

申し込みボタンをクリックして、申し込みフォームにご記入ください。記入が終わり送信すると確認メールが届きます。後日請求書メールを東京センターよりお送りしますので、支払いの完了をもってご予約完了となります。2~3日以内にメールが届かない場合はメールアドレスが誤っている可能性がありますのでセンターへご連絡ください。

申し込み締め切り&キャンセルポリシー

当コースの申込締め切り日は8/27(木)です。 サイトからのお申し込みおよび入金を以って予約が完了となります。 お支払い後にキャンセルされる場合は 3万円(手数料1万円+金券2万円)を差し引いた金額を返金とさせていただきます。 金券はシヴァーナンダ・ヨーガ・東京センターもしくは精進湖リトリートで使うことができます(ただし売店の商品購入には使用できません)。 コース開始後のキャンセルについてはキャンセル料100%となりますのでご了承ください。※締切日が8/31→8/27へ変更になりました。

開始前日の9/1に担当者とのミーティング、8/24-9/1の間に講師との面談を予定しています。
詳しい時間などは申込された方に追ってお知らせいたします。

 

コースの内容

アーサナ(ヨーガのポーズ)

ハタヨーガのクラスは1日2回あります。「教え方を学ぶ」クラスでは、アーサナとプラーナヤーマをどのように教えるかを学びます。あと1回は、自分自身の訓練を深めていくための練習クラスで、練習を継続して行う習慣を身につける良い機会となります。この時間には自分のポーズの修正を受ける機会もあります。

クラスで学ぶこと
  • 太陽礼拝
  • 12の基本のヨーガのポーズ
  • 中級から上級の100のアーサナのバリエーション
  • 正しい姿勢
  • 自己暗示を使った深いリラクゼーション
アーサナの効果
  • 感情のコントロール
  • 集中力を高める
  • 身体の過多な脂肪を取り除く
  • 便秘、リウマチ、胃の不調などの慢性的症状の緩和
  • 血流を増加させる
  • 甲状腺の機能を整える
  • 筋肉を若々しく柔軟にする
  • 滞ったエネルギーの解放

ヨーガ哲学

  • ヨーガの哲学は、真の自分とは何かという問いに対しての洞察をあなたに与えます。
  • 自分自身を深く理解することで、ストレスを切り離して解放し、心身を人生の目的と調和させることができます。
  • カルマについて学び、障害や困難の原因を理解します。
  • 知識の種を伝授するという意味で、 哲学のクラスは主要な教えと見なされています。
  • バガヴァッドギータなどの古典的なヨーガのテキストや、ヨーガの師による著作を学ぶことは、あなたの体験をより豊かにするでしょう。

クリヤ(浄化法)

6種類の器官(目、鼻、気道、食道 、腹部臓器、大腸)を浄化するための古典的な技法と、その効果の解説。 トラタカ、ネティ、カパラバティ、ナウリの実践

プラーナヤーマ

プラーナヤーマとはプラーナを制御するための科学で、身体とマインドの健康を増進する呼吸法で構成されます。

プラーナヤーマの効果
  • 肺活量を高める
  • 神経系統をリラックスさせる
  • 脳の左右のバランスを取る
  • ナディ(エネルギーの通る道)を浄化する
  • 内なるスピリチュアルなエネルギーを目覚めさせる
主要なプラナヤーマ
  • カパラバティ(肺の浄化する呼吸法)
  • アヌロマヴィローマ(片鼻交互呼吸)
  • 3つのバンダ(ジャランダラ・ムーラ・ウディヤナ)

瞑想とマントラ

瞑想はヨーガの実践に不可欠な要素です。瞑想は、全体と個との一体感の悟りに通じる精神的な旅です。 このコースでは、次のようなトピックを学びます。

  • 瞑想の実際的なステップ
  • 瞑想とは何か
  • 集中とポジティブな思考のテクニック
  • 自己を知るための自己探求のテクニック
  • サンスクリット語のマントラ
  • ジャパ瞑想(マントラの繰り返し)

解剖学と生理学

身体への理解を向上させることは、自身のヨーガの練習と、生徒にヨーガを教えるために役立ちます。以下のことを学びます。

  • 身体の主要な系(システム)について学ぶ
  • 循環器系、呼吸器系、消化器系、骨格筋肉系、免疫系、内分泌系におけるアーサナとプラーナヤーマの影響
  • ヨーガと身体訓練との対比
  • 食事と栄養:身体とマインドに及ぼす影響、菜食主義の理由(身体的、倫理的、スピリチュアルな面での)、アーユルヴェーダの理論

1日のスケジュール  

◆お知らせ8/8◆ 朝のサットサンガ以降の開始時間が1時間早まりました。下記をご確認のほどよろしくお願いします。

【変更後】
7:00 - 8:00 am   サットサンガ(瞑想、チャンティング、スピリチュアルな講話)-東京センターがフェースブックでライブ配信するサットサンガ。必須ではありませんが、生活のリズムを整えるためにも、ご参加をお勧めいたします。(月曜日はセンターが休日のため火曜日~日曜日のみ)
8:00 – 9:00 am パーソナルメンターとのミーティング
10:30 am – 11:30 am バガヴァッドギーター、マントラの詠唱、瞑想のテクニック、カルマ(因果の法則)、栄養とライフスタイル
11:45 – 1:30 pm アーサナとプラーナヤーマの教え方
1:45 – 3:15 pm  ヨーガ哲学と解剖学
3:30 – 5:00 pm アーサナとプラーナヤーマ実習、簡単なクリヤ(浄化法)
6:45 – 8:00 pm 瞑想、チャンティング、スピリチュアルな講話

※上記はすべて日本時間です。

パーソナルメンターによる毎日1時間の個別コーチング:
-質問やアーサナ、プラーナヤーマ、瞑想、マントラの個人練習に関する個人コーチング、アドバイス
-指導内容に関する質疑応答

週1日の休講日:火曜日は休日です。講義は全て休講となりますが、夜のサットサンガへの参加は必須です。

講師のご紹介

スワミ・シタラマナンダ
ヴェーダーンタとヨーガ哲学担当

スワミシタラマナンダは、39年の経験を持つヨギーニであり、ヨーガと瞑想の教師です。 25年間シヴァーナンダ・アシュラム・ヨガファームのディレクターを務める他、日本、ベトナム、中国などアジア圏の統轄ディレクターでもあります。 彼女はSHYET(シヴァーナンダ・ヨーガ健康トレーナー養成コース)および、アメリカ、インド、ベトナム、中国で開催されるTTCのメイン教師として長年活躍しています。スワミヴィシュヌデヴァナンダの直弟子であり、難解な哲学的トピックを明確でユーモラスに説明する、才能あふれる講師として知られています。

こちらのリンクで彼女の講義の一部をご覧いただけます。

スワミ・プラナヴァナンダ
ハタ・ヨーガと解剖学担当

アメリカ生まれのスワミ・プラナヴァナンダは1995年からヨーガと瞑想の講師を務めています。TTCでは主にハタ・ヨーガと解剖学を担当します。ロサンジェルスとサンフランシスコのシヴァーナンダ・ヨーガ・センターのディレクターを務めた後、現在はベトナムのホーチミン・センターで教えています。ベトナム語の習得に熱心で、ベトナム語のクラスに参加することを楽しんでいます。

 

ガンガー・チャイタニャ RYS 500
ハタ・ヨーガ担当

ヨガファームで2009年にTTCを、2010年にATTCを卒業しました。「医療としてのヨーガ」「ヨーガ心理学」「アーユルヴェーダ&ヨーガ カウンセラー養成コース」など、様々なコースを修了しています。彼女は、2011年から、ベトナムのホーチミン市にあるシヴァーナンダ・ヨーガ・センターのディレクターを務めています。2017年にブランマチャリヤになりました。

スワミ・ナラヤナーナンダ
バガヴァッド・ギーターとポジティブ・シンキングのクラス担当

スワミ・ナラヤナナンダは英国、ロンドン生まれで、1999年からヨーガと瞑想の講師を務めています。ニューヨーク・センターおよびシカゴ・センターでディレクターを務めた後、現在はベトナムのダラットアシュラムに常駐しながら、アメリカ、インド、ベトナムで開催されるTTCやATTCの講師を務めています。思いやりに溢れた親しみやすい講義は、彼自身のヨーガの訓練と、聖典の学習に基づいて生み出されるものです。

スワミ・アディパラシャクティアナンダ 
ハタ・ヨーガ担当

ハタ・ヨーガ講師として10年以上の経験を持ちます。アメリカはもとより、ベトナムや中国で開催されるTTCおよびサーダナ・インテンシヴなどの集中コースで、メインのハタ・ヨーガ講師を務めています。彼はまた、熱心なヨーガ修行者であり、プラナヤーマの実践者でもあります。

アナンダマイ RYS 500
ハタ・ヨーガ担当

アナンダマイはヨガファーム常駐の日本人スタッフです。ヨガファームで2014年にTTCを、2015年にATTCを卒業しました。現在、800時間のSHYETコース(シヴァーナンダ・ヨーガ健康トレーナー養成コース)を受講中です。初心者から上級者までの各レベルに対応したアーサナクラスを教えることと、キールタンを歌うことを楽しんでいます。また、料理と庭仕事も得意な分野です。

教科書と参考書

メインの教科書であるTTCマニュアルは、お申込み後に日本語版を送付いたします。参考書は以下のとおりです。

必須参考書 

①「ヴァガバッド・ギータ」:何種類かの日本語訳が出ています。ご自分が読みやすいと思うものを購入してください。文庫本(岩波文庫と講談社学術文庫)でもOKです。東京センターでは日本ヴェーダンタ協会のものを販売しています。

お勧めの参考書(必須ではありません)

①白揚社「ヨーガ大全―身体と精神の開眼」スワミ・ヴィシュヌ・デヴァナンダ著:この本は絶版で再版の予定がありません。アマゾン・マーケットプレイスや古本屋で探してみてください。4000円以下なら妥当な価格だと思います。ヨーガ大全というタイトルの本が他にもありますので著者がスワミ・ヴィシュヌ・デヴァナンダであることを確認してご購入ください。 英語版の本は現在も再版を重ねており、タイトルは「Complete Illustrated Book of Yoga」です。こちらはアメリカのアマゾンから新刊を取り寄せるか、日本のアマゾンで中古本を購入可能です。 ➁スワミ・シタラマナンダの著書「Essentials of Yoga Practice and Philosophy」:日本語版タイトルは「ヨーガの実践と哲学の要点」。東京センターで購入できます。 ➂「Sivananda Companion to Yoga」:日本語版タイトルは「ヨーガ本質と実践(産調出版)」。アマゾンや書店で取り寄せが可能です。 上記の参考書のうち、以下の3冊は、シヴァーナンダ東京センターで通販も承っております。詳細はウエブサイトにてご確認ください。https://sivananda.jp/shop/

  • ヴァガバッド・ギータ(日本ヴェーダンタ協会)
  • ヨーガの実践と哲学の要点
  • ヨーガ本質と実践(産調出版)
お問い合わせはシヴァーナンダ・ヨーガ東京センターまで

e-mail:japanttc2020@sivananda.jp 電話:03-5356-7791(月曜休)