お盆とお正月といえばチェータナ先生のお話を、という皆さん、大変お待たせしました。
昨年の夏や去年の年末に引き続き今回も素晴らしい学びの場を提供してくださいます。

今年のお盆は、東京センターが精進湖へ移転して初めての記念すべき年になります。
以前のように東京センターに大勢が集まってお話を聞いていたのが、コロナ禍によって一変し、個々にご自宅などで、世界中どこからでもオンラインでお話を聞くことが可能になり、もはやそれが今や主流になりましたね。

この恒例のプログラムも新たなステップとして、今回は移転先である富士山のふもとにある精進湖リトリートに宿泊滞在する形で行います。大自然の中、心も身体もリラックスしながら、京都でプログラムを行うチェータナ先生とオンラインで繋がり、お話を聞く少人数制のミニキャンプとなります。

●チェータナ先生から今回のテーマについてのメッセージ●

愛って何だろう?

お盆の2日間かけて、「愛の意味」を学んでみようという事になりました。
ヴェーダーンタの教えにしたがって言うなら、いわゆるHappyな状況だけでなく、辛い状況の中にですら、いつもいつも愛はかわらずにそこにあります。

愛があるのに、なぜ愛を求めて私たちは、葛藤するのでしょう?それは、愛の反対は決して憎しみではないからです。なんと、愛の反対は愛の無知なのです。

鏡の埃が光を妨げて、鏡というその場所で光が光として輝けないのに似て、無知は愛を妨げて、私というこの場所で愛が愛として輝けません。妨げられた愛は、恐れや怒り、嫉妬や憎しみといった歪んだ形で現れるのです。

愛は移ろうことなどなく永遠に、私たちの考えや体を含む全宇宙にすでに余すところなく満ちているのだけれど唯一、無知だけが、まるで愛などなかったかのように、私というこの場所で、愛を隠してしまえるものなのです。その結果、私は不安の人、怒りの人として振る舞ってしまう人です。

「愛を求めて家庭を持ったし、愛しているから頑張っているのよ。それなのに、なによっ!」と…。

ですから、私たちがすでに愛であることを発見するために、何が必要でしょう?
無知ゆえに愛を探し続けて、そのプロセスで傷つき、心の深みにしっかりと居座る過去の痛みを認め、ウエルカムできる強い私自身を練習しなければならないとヴェーダーンタは言います 。
それが、カルマヨーガという生き方が大事になるところです。

カルマヨーガと、聖典の言葉を道具として、愛である自分自身を発見した人、思いやり、やさしさにあふれるその人の宇宙観を、聖典バガヴァッドギーターは次のように描写しています。

सर्वभूतस्थमात्मानं सर्वभूतानि चात्मनि।

ईक्षते योगयुक्तत्मा सर्वत्र समदर्शन:॥ गीता ६.२९॥

sarvabhūtasthamātmānaṃ sarvabhūtāni cātmani।

īkṣate yogayuktatmā sarvatra samadarśana:॥

(無知ゆえに間違った見方の)考えがこの熟考によって解消し、いたるところに変わらない同じものを見る人は、自分自身が生きとし生けるものの中にいることを知り、また自分自身の中に、生きとし生けるものがいることを知っています。

この人の自分観を想像することができるでしょうか?
私たちはまず、お盆の2日間かけて、聖典の言葉からこの愛を学びます。
また、愛を妨げる無知と、無知ゆえに作ってきた癖の考えを見てみましょう。


【講師】スワミ・チェーターナーナンダ

1999年10月、インドへ留学し、リシケシにてヨーガを学ぶ。
2000年6月、リシケシにて、恩師、スワミ ダヤーナンダ サラスワティと出会い、ヴェーダーンタと、インドの伝統的な生活様式を学びはじめる。
2002年5月、インドのコインバトール、Arsha Vidha Gurukulam (ヴェーダーンタの学校)にて開催された3年と3ヶ月の長期のコースにて、スワミ ダヤーナンダジから、ヴェーダーンタ(ウパニシャド)、サンスクリット語、そのチャンティングを学び、2005年7月に卒業。
2007年1月、パラヴィッデャー ケンドラム ヴェーダーンタ勉強会を発足し日本で教え始める。
2009年4月、スワミ ダヤーナンダジを招いて、東京ヴェーダーンタキャンプを開催。
2010年4月、広島&東京ヴェーダーンタキャンプを開催し、再びスワミ ダヤーナンダジを迎える。
2013年3月、スワミ ダヤーナンダジより、サンニャーサーを受ける。


【スケジュール】

8月12日(木)
 14:00~チェックイン
精進湖の散策や温泉など自由にお過ごしください。

8月13日(金)
6:00~7:00 ガネーシャプージャー(自由参加)/ 京都
10:00~13:00  クラス①②
16:00~17:30  クラス③
20:30~21:30  サットサンガ⑤

8月14(土)
6:00~7:30  ガネーシャプージャー・瞑想
10:00~13:00  ディスカッション①②
16:00~17:30  クラス③
17:35~18:00 感想シェア

8月15日(日) 10:00 チェックアウト
チェックアウト後も荷物を置いて出かけたり、リビングなどで出発時間までお過ごしいただけます。


【リトリート費用】¥22500 3泊
含まれるもの:宿泊費、滞在中の食事、アーサナクラスは1回¥1500です。現地でお申し込みください。

【ダクシナについて】
ヴェーダーンタのクラスは伝統にならいダクシナ制となっています。
教えを授かった人が知識と伝統の継承に対する感謝の気持ちを表すのがダクシナです。
ご自身の得られた価値や経済的状況により無理のない額をお納めください。
インドの伝統ではヴェーダについて学ぶことはとても神聖なこととされており、その知識を授かった生徒は伝統の継承に対する感謝の気持ちとして先生にダクシナをします。
そのようにしてヴェーダの文化は古代から現代まで受け継がれてきました。
先生へダクシナをお渡しする方法については現地にてご相談させていただきます。


【使用するテキスト】※パラヴィッデャー ケンドラムのサイトよりダウンロードのうえご準備ください。
こちらからダウンロードしてください
上記リンクよりPDFデーターがダウンロードできます。
プリントアウトしてお使いいただけます。
(ご自身の勉強の範囲でお使いください。)


【ご自宅にてオンライン受講を希望される方】
チェータナ先生のプログラムはパラヴィッデャー ケンドラムの主催となります。
宿泊せずオンラインでのクラス受講をご希望の方はパラヴィッデャー ケンドラムのページへ直接お申し込みください。


チェータナ先生のクラスの合間には参加者同士のシェアリング、アーサナや瞑想、そして心身を育むベジタリアンの食事を味わい、有意義なお盆を過ごしていただければ幸いです。3泊4日ですが前泊や後泊も可能ですので、余裕ある日程でハイキングしたり、精進湖のほとりを散策したり、温泉など満喫することもできます。

お申込みはこちらのページにて宿泊に関する詳細をご確認のうえご予約フォームからどうぞ。
精進湖リトリート宿泊に関するご案内
予約フォーム
※メッセージ欄に「チェータナ先生受講希望」とお書き添えください。
ご参加お待ちしております。