ATTC in ヨガファーム

30年間にわたりヨーガの訓練を続けてきたスワミ・シタラマナンダをメインの講師に迎え、豊かな指導経験を持つスワミやヨーギたちがサポートに入ります。彼らと共に過ごす1か月間は、あなたにとってTTC以来の大きな精神的収穫となるでしょう。ATTCによって、あなたのエネルギーと明晰さは格段に増すことでしょう。

ATTCについては共通のページをご覧ください

◆日程

2019年 6月3日(月)~7月1日(月)

入学式は6月3日午後に行われますので、できるだけ6月3日の午前中までに到着してください。前日の宿泊は無料ですのでスケジュールに余裕がある方は6月2日に到着されると良いでしょう。それ以前の到着は通常の宿泊料金が加算されます。

卒業試験は7月1日の午前中で、同じ日の午後に卒業式があります。できれば出発は翌日の7月2日以降にしてください。7月1日の宿泊は無料です。

 

◆開催場所

ヨガ・ファームは、アメリカ西海岸のカリフォルニア州北部、シエラ山脈のグラスヴァレーにあり、スワミ・ヴィシュヌ・デヴァナンダによって1971年に設立されました。草原と森に囲まれた緩やかな丘陵地帯に、ヨガホール、様々なテンプル、瞑想ホールとキッチンのあるメインの建物、池、宿泊用キャビン、テントサイトなどが点在しています。都会の生活から離れてヨーガや瞑想をするのに最適な場所と言えるでしょう。

住所:14651 Ballantree Lane, Grass Valley, CA 95949
電話:1(国番号) (530) 272-9322

◆受講料

受講料には1か月間のコースの講義、教科書、宿泊費、食費が含まれます。

デラックス シャンティキャビン(1人部屋)5,400ドル
デラックス シャンティキャビン(3人部屋)3,600ドル
シヴァキャビン(1人部屋)4,400ドル
シヴァキャビン(2人部屋)3,800ドル
オムキャビン・ダブルルーム(2人部屋)3,300ドル
オムキャビン・ドミトリー(3-4人部屋)2,850ドル
テント(貸しテント利用)2,850ドル
テント(テント持ち込み ) 2,400ドル

◆持参する物

  • TTCで支給されたユニフォーム2組(売店で購入することもできます)
  • アーサナ練習用の楽な衣服とカジュアルな普段着
  • ウォーキング用の靴、着脱の簡単なサンダル
  • 雨に備えて防水のジャケット
  • 寒暖差に対応できるような衣類(早朝のプラナヤーマは屋外で行うためかなり冷え込みます。昼間は気温が上がりますのでTシャツ1枚でも大丈夫です)

ヨガマット、ショール、洗面用品、ノート、筆記具、懐中電灯、目覚まし時計などの日用品は売店でも購入できますが、荷物に余裕があればご自分のものをお持ちください。売店ではスナックやソフトドリンクも販売しています。

 

◆その他のサービス

・洗濯物は手洗いするかアシュラム内のコインランドリーを利用します。また、スタッフによる洗濯サービスが、一袋5ドルでご利用いただけます。
・郵便物の受け取りと差し出しサービスがあります。
・オフィスの建物の周囲はWifiが使えます。
・池で泳ぐことができます。
・有料でアーユルヴェーダ・マッサージを受けることができます。

◆入国ビザと旅行者保険

日本国籍の方の場合、米国での滞在が3か月以内でしたら入国ビザは免除されます。その代り、電子渡航認証システム(ESTA、エスタ)の申請が必要です。こちらのサイトから申請してください。入国の際にコースの受講であると申告する必要はありません。バケーションで滞在すると伝えてください。

滞在場所の情報を記入する欄には次のようにご記入ください。
住所1:14651
住所2:Ballantree Lane,
都市:Grass Valley,
州:CALIFORNIA
電話:5302729322

病気と怪我に備えて旅行者保険には必ず加入してください。

◆申し込み方法

ヨガファームのウエブサイトでATTCのページにアクセス、registerボタンをクリックします。アカウント登録していない方は登録してからコースに申し込んでください。申し込み書の記入方法が分からない場合は、ベトナムTTC申し込みガイドをご参照ください 。

◆参加者の方との同乗

同じ地域から出発する方同士をあらかじめご紹介して、日本から同じ便に搭乗できるように取り計らうことができます。また、別の地域から出発の方同士がサンフランシスコ空港で落ち合って、ヨガファームまで一緒に移動できるよう取り計らうことも可能です。

◆日本語でのお問い合わせは東京センターまで

電話:03-5356-7791
e-mail:tokyo*sivananda.org (*を@に換えてご送信ください)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。