サーダナインテンシブ 歓迎のレター

サーダナインテンシブ Welcome letter の日本語訳

サーダナインテンシブ 2016年 3月17日ー3月31日

ダラット、ベトナム サーダナ・インテンシブの入学式は占星学的に吉兆な時間である3月18日(金)の正午12:00から行われます。できるだけ3月17日(木)正午?午後4時の間に滞在施設に到着してください。終了式は3月31日(木)です。出発は終了式の後にしてください。

The required texts for the course (必須の教科書)

1) Hatha Yoga Pradipika by Swami Vishnu-devananda ($18)
      ブティックで購入してください。

The recommended texts are(必須ではないが、お勧めの参考書)

1) Srimad Bhagavatam

2) Viveka Chudamani

What to bring with you(持ち物)

・ヨガマット(お持ちでなければブティックで購入できます。)  クッション(瞑想用。ホールに常備してあるものを一人一個ずつ使えますが、こだわりがある方は各自でお持ちください)
・TTCユニフォームをご持参ください。追加のユニフォームをブティックで購入することもできます。アーサナのクラス用と普段着として、快適で、体を締め付けない、露出の多くない衣類をお持ちください。
・その他に持参をお勧めする物は、ウォーキング用の靴、施設内の移動用に着脱の簡単なサンダルか靴(宿泊棟がメインホールから離れている場合、きつい坂道だったりしますので、サンダルより靴の方が良いかもしれません。)日焼け止め、虫よけスプレー、雨の日用の防水ジャケット、懐中電灯、ノート、瞑想用ショール(朝晩は冷えるので薄手のウール素材など)、セーター、洗面道具、などです。
【持ち物についての追加情報:ヨガマット、Tシャツ、ショール、文具、日用品は売店でも購入できますが、ベトナム製で種類が限られます。こだわりがある方は日本からお持ちください。】
・気候は温暖で、1日の最高気温は25℃、最低気温は17℃くらいです【これは平地の温度で、この施設は山の上に位置するため実際にはもっと寒いです。皆さん朝晩はフリースのジャケットや薄手のダウンジャケットを着ています。日中でも長袖のTシャツの上に半袖Tシャツを重ねている人がほとんどです。】3月は雨の少ないシーズンです。クラスは通常屋内で行われます。結構日差しが強いので、必要な方は日焼け止めと帽子をお持ちください。

Transport to the TTC Location(施設までの交通手段)

施設の名称: K’LAN リゾート 住所: Tuyen Lam Lake, Dalat, Vietnam 
Please let us know how・・・・(ダラット到着の手段をお知らせください) 空港からのピックアップを希望される方は、ダラット空港に到着する日時とフライト番号を到着日の1週間前までに市原までご連絡ください。 ダラット空港に到着したら、出口のあたりであなたの名前を書いた紙を持っている人を探してください。タクシー会社と契約しているので、出迎えるのはスタッフでなくてベトナム人のタクシー運転手です。料金は1人片道US20ドルです。

Visa and Change of Money(入国ビザと両替)

滞在期間が2週間を過ぎる方は渡航前にビザを取得してください。ベトナム大使館か領事館、もしく代行業者を使って観光ビザを取得します。【注意:ビザ・オン・アライバルという方法がありますが、問題が起きる可能性がありますので日本人の方にはお勧めしていません。その方法を使う方は、ご自分の責任でどうぞ。】入国時にヨガのコースに参加するということを言う必要はありません。 ベトナム通貨であるドンへの両替は、できるだけ空港で済ませてください。TTC料金の残額は申し込み時に作られたアカウントでシヴァナンダ・ヨガ・ベトナムのホームページにログインしてクレジットカードで支払うか、Paypal経由でお支払いください。Paypalの送金先メールアドレスはsivanandayogavietnam@gmail.comです。送迎の車、参考書、ブティックでの買い物にUS200ドル?300ドル程度をベトナムドンに両替すれば充分でしょう。【施設内のブティックや日帰り旅行の代金はUSドルが使えます。ドンはお札の枚数が膨大になりますから、50ドル程度をドンに、残りをUSドルに両替すると良いでしょう】
アーユルヴェーダのカウンセリングやマッサージを受ける方、日帰りツアーに参加する方は、その分を足して現金を準備してください。

Safekeeping(貴重品預かり)

貴重品を預けたい方は、受付にてお申し込みください。

Meals(食事)

サーダナ・インテンシブの食事はキチュディと野菜がメインとなります。乳製品は使いません。健康的で、ナチュラルな食材を使い、ほとんどの材料は地元産です。必要な人は、追加の乾燥食品を持ってきてもかまいません。ただし、個人的に調理をすることは許可されていません。小型冷蔵庫が設置されている建物もありますが、個人が使えるスペースは限られています。医薬品などの特別な物を除き、できるだけ冷蔵庫の使用は控えましょう。特別食が必要な方、また特別な食事制限のある方は事前にお知らせください。

Communicating with family and friends(家族や友人との連絡)

自由時間にご自分の携帯電話を使うことは構いません。シムカードは空港や街で購入することができます。ブティックでも販売しています。 あなた宛ての電話がかかってきた場合、ホテルは呼び出しに応じません。家族や友人に、ご自分の携帯電話の番号を教えておきましょう。 宿泊棟はワイアレスLANが使えます。タブレットやノートPCを持参する方は自分の責任において管理してください。 滞在中は、郵便物を上記の住所宛てに送ってもらうことができます。その場合、あなたの氏名と一緒にc/o Sivananda Yoga TTC.と明確に書いてもらってください。

Leisure time/personal time(余暇と自由時間)

このコースは集中コースです。全てのクラスに遅刻しないように出席しなければなりません。休日は1週間に1日、朝のサットサンガの後、夕方のサットサンガが始まるまで自由です。特別な事情がない限り、土曜日が休日です。この日は休養、復習、観光ツアーなどにあててください。

Laundry(洗濯)

1日に上下1セットのアウター(下着は出せません)は約80円ほどでクリーニング屋が洗濯してくれます。追加の洗濯物も追加料金で依頼可能です。施設の洗濯機を借りることはできません。下着などは手洗いしてください。洗剤はブティックで販売しています。 【ブティックには普通の合成洗剤しか売られていません。環境を汚染しない洗剤を日本から持って行かれると良いでしょう】

Massage Services(マッサージ)

予約制でアーユルヴェーダのカウンセリングとハーブオイルを使ったマッサージが受けられます。カウンセリングとマッサージは共に有料です。 休日には、他の種類のマッサージ療法を受けることもできます。

Medical Services(医療)

近隣に病院があります。また、コースが行われている間、リゾートには医療担当者が常駐しています。

Final payment of fees(残額の支払い)

残額の支払い期限はコースの受付の日の前です(現地でのスタッフの事務仕事を最小限にするため、できるだけ事前にお支払いください)。 お支払い後の返金は一切できません。特別な事情でコースを受けなかった場合、または途中までしか受けなかった場合、ホーチミンもしくはアメリカ西海岸のシヴァナンダ・ヨガ・センターおよびアシュラムで使えるクレジット・ノートをお渡しします。

Identification(ID)

ベトナムでは外国人が宿泊施設に滞在する際には施設がパスポートを預かります。関係官庁にいつでも提出できる状態にすることが必要だからです。受付時にパスポートをお預かりして出発前に返却いたします。その他の貴重品は、金庫に預けることができます。

このコースはあなたの内面を育み、学びと変化をもたらすことでしょう。しかし、注意してください。この伝統的なヨーガの教えは肉体的にも感情的にも多くを要求します。このコースが自分にとって正しい選択かどうか疑問があるなら、まずは世界各地のシヴァナンダ・アシュラムのいずれかにゲストとして滞在してみてください。 あなたにお会いするのを、そして、この素晴らしい体験をあなたとシェアーできることを、私たち一同楽しみにしています。

Om Shanti, Om Peace,

スワミ・シタラマナンダとスタッフ一同

「健康は富である。心の平和は幸福である。ヨガが、その道を示してくれる」 スワミ・ヴィシュヌ・デヴァナンダ (シヴァナンダ・ヨーガ・ヴェーダンタ・センター創設者)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。