TTC 講師養成コース

シヴァーナンダ・ヨーガ講師養成コース

TTC・日本語通訳付き

*日本語通訳付きTTCとは、ヘッドフォンを通して日本語の同時通訳を聞きながら講義を受けられるコースです。アーサナクラスはヘッドフォンが使えませんので逐次通訳となります。

テキスト、宿題提出、試験も全て日本語に対応しています。

インドの伝統であるグルクラム制度を元に作られたシヴァーナンダ・ヨーガの講師養成コースは、1969年に西洋で始めて開催されました。それ以来、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、インドのアシュラムで毎年開催され、これまでに4万人以上が卒業しています。

このコースでは、4週間の集中トレーニングにより一人一人が深い体験を通してヨーガを学び、その知識を他の人に教える技術を身につけます。高い理念に基づいたポジティヴな雰囲気の中で、ヨーガのライフスタイル、講師の指導による実習、ヨーガの理論を集中して学びます。そうすることでヨーガの効用を充分に体験することができるのです。

TTCの卒業生は1ヶ月間アシュラムという環境でコースを受けることで、自分に対する気づきを高められた、自分に自信が持てた、同じ目的を持った人が世界中にいることがわかった、集中力がついた、また28日間毎日練習することで、アーサナやプラーナヤーマが上達した、ヨーガ的なライフスタイルで浄化された、ポジティブになれた、といいます。

TTCは基本的に英語で教えられるため言葉が壁となって受講できない方も多かったと思います。しかし、最近ではタイ、インド、ベトナムなどで日本語サポート付き(*)のTTCが開催されており、日本人の方にも受講しやすくなりました。

まずこのページの共通の案内と注意事項をお読みください。各コースへのリンクはこのページの一番下にあります。

申し込み方法

カナダ本部のサイトからオンライン&クレジットカード払いで申し込みをしてください。
 

 

申し込みの際の注意事項

まずはログイン用の自分のアカウントを作ってください。(メールアドレスと、ログイン用パシワードを設定)、それぞれの項目をローマ字で入力し、進み、最後カードの情報を入力して支払いが完了したら3日以内の申し込み完了のメールが届きます。
 
とっても大切な注意点:カード情報を入力するページにZIPコードの入力という項目がありますが、日本のカードには関係ないので必ず空欄にして進んでください。ここでエラーになる人が多いです!
 
  • クレジットカードの上限額がコースの代金より低く設定されている場合エラーになることがあります。利用可能額を確認してからをお勧めします。
  • 場合によっては海外取引なので不正防止でカード会社からのセキュリティがかかってしまうことがあります。その場合はカード会社に確認してみてください。
  • 2018年9月にリニューアルしたサイトで時々エラーが出ることがあります。ご理解願います。
 
尚、コースの料金は前触れなく値上がりすることがあります。本部のサイトの値段が最新ですので各自でご確認ください。

毎日のスケジュール

5:30 起床
6:00-7:30    サットサンガ(ガイダンス付き瞑想、チャンティング、講話)
7:30       ティータイム
8:00-10:00    アーサナクラス 1(自己練習のためのクラス)
10:00-11:00  ブランチ (栄養バランスの取れた菜食の食事)
11:00-12:00  カルマヨーガ(分担制の奉仕活動)
12:00-13:00  バガバット・ギーターまたはチャンティング のクラス
13:30    ティータイム
14:00-15:30  メイン講義
16:00-18:00  アーサナクラス 2(アーサナの教え方)
18:00-     ディナー
20:00-     サットサンガ
22:00      消灯

1週間のうちの6日間は上記のスケジュールです。休息と復習のため週に1日はお休みの日が設けられます。

 

カリキュラム

  • アーサナ:太陽礼拝と12の基本ポーズ、アーサナが肉体とアストラル体に与える影響背骨を正しく伸ばすこと、深い休息、ブロックされたエネルギーの解放
  • プラーナヤーマ:基本の練習としてカパーラバーティーとアヌローマ・ヴィローマ(左右の鼻孔を交互に使う呼吸法)、上級の呼吸法の紹介
  • ハタヨーガの理論:アストラル体ナディ(体内エネルギーが流れる管)とチャクラ
  • ヨーガを教えるための技法:太陽礼拝と12の基本ポーズの教え方、初心者と中級者の教え方、特殊なグループを教えるには?
  • 解剖学と生理学:ヨーガの練習が体の主な機能に与える影響
  • ヨーガの哲学と心理学ヨーガの4つの道:カルマヨーガ(無私の奉仕)、バクティヨーガ(帰依の道)、ラージャヨーガ(心の制御)、ニャーナヨーガ(智恵と理解の道)、霊性を求める者の心理学(カルマの法則)、ヴェーダンタ哲学
  • 瞑想:瞑想への12のステップ、瞑想から得られるもの マントラとマントラ伝授(希望者のみ) ヨーガ的な食事と栄養:菜食主義の肉体的、倫理的、霊的な背景
  • バガヴァッド・ギータとその解説:人類史上最も多くの人々に読まれた古典。人生という戦場でどのように自分の義務を果たし、どのように行動するかという普遍的な教えを紐解く
  • キールタン(伝統的なサンスクリット語の聖歌詠唱):聖歌が感情に与える良い影響、正確な発音と正しい心構え、マントラと音楽療法、聖なるものへ心を開く訓練
  • クリヤ:体内と体外を浄化しデトックス(解毒)するための、6種類の伝統的なヨーガの浄化法

参加資格

ヨーガのポーズと理論についての基本的な知識が有る方はもちろん、ヨーガ初心者も歓迎です。コースの間は集中して学んでいきますので、規律を要求されます。真剣に学びたいという気持ちと、規律を守る態度が必要です。古代から続くヨーガの伝統に基づき、このコースでは瞑想、マントラ詠唱、儀式、無私の奉仕、哲学の学習などスピリチュアルな実践に多くの時間が当てられます。ヨーガのポーズと呼吸法とリラクゼーションだけを学びたい方には、このコースは向いていません。

受講中のきまり

  • 遅刻することなく全クラスに出席することが義務付けられています。
  • 病気などにより授業に出席出来ない場合は書面でその旨を届ける必要があります。
  • サットサンガと講義には必ずTTCユニフォーム(Tシャツ、パンツそれぞれ2枚ずつ入学式で配布されます)を着用してください。
  • 薬物、アルコール、喫煙、菜食でない食物(肉魚卵など)、裸体、騒音、争い、乱暴な言葉づかいなどアシュラムおよびコースにそぐわない態度はコース失格の可能性がありますのでご注意下さい。
  • 人の悪口を言わないこと、お互いを尊敬することが必要とされます。
 

免責事項

NPO法人シヴァーナンダ・ヨーガ・センター・ジャパン(通称東京センター)は、海外でTTCを受講される方のために英語の情報を日本語に翻訳し、さらに、英語での手続きをお手伝いしております。これらの活動は全てボランティアの手で行われており、営利活動は一切行っておりません。日本語で提供する情報の使用により発生するいかなる損害に対しても東京センターは責任を負いません。実際に申し込みをされる際には、各アシュラムのホームページに書かれている情報を再度ご確認の上でお手続きくださいますようお願いいたします。

各コースへのお問い合わせ先

タイTTC・ATTCとインドTTC: ナラーヤニ紀子先生 ttcjapan[at]sivananda.org 090-6102-2385
ベトナムTTC・ATTCとカリフォルニアATTC:市原眞知子先生 shojiko[at]sivananda.jp 0555-87-2250
                             [at]を@に変えてください

外国語で受ける海外のTTC

世界各地のアシュラムやセンターで開催されるTTCの年間スケジュールは、こちらでご覧いただけます。

 
 
 

TTC・タイ

次回 2020/10/4(日) ~ 11/1(日)

 

日本語通訳つき

TTC・ベトナム

次回 2019/2/16 ~ 3/16

日本語通訳つき

 

TTC・インド

次回 2020/ 1/5(日) ~ 2/2(日)

日本語通訳つき