TTC・ATTCタイ&インド・申し込み方法

申込フォームのページはカナダ本部のウエブサイトです。

不正防止のためログインシステムを採用しています。TTC申し込みを含むアシュラムの滞在予約には事前にパスワードの登録が必要です。(PCの環境設定によって登録が出来ない場合がありますことをご了承ください)。

登録とTTC申し込みの手順は以下のとおりです。

  1. まず、sivananda.orgのHPを開いた状態で右上のlog in|sign up|Forgot password?の中から真ん中のsign upをクリック。
  2. ご自分のメールアドレスと、ページにアクセスするためのパスワードを設定します。
  3. Teacher Training のページからTeachers Training Courseをクリックすると世界各国のコースの場所と日にちの表がでてきます。日本語ボタンをクリックし、希望のコースの枠のapplyボタンをクリックするとログインの画面がでます。
    1で設定したアドレスとパスワードを入力し、申し込み画面が開きます。
  4. 日本語を選んであれば日本語での説明が添えられていますのでローマ字入力で入力をすすめていただき、最後の [□ I have read the ashram Rules & Regulations ]にチェックを入れるといくつか確認画面になり、最後にオンライン・ペイメントに進んで、クレジットカードでの支払いがその場でできます。お支払いが完了しますと、その場で自動的に申込みが完了のメールが送られてきます。数時間経っても自動返信メールが来ない場合、プロセスの一部が完結していない場合があります。
  • タイは申し込みが早い方が大きなベッドになる仕組みです。インドは部屋のタイプによりますがドミトリーならば定員がかなり多いので定員に達することは稀です。
  • 申込は定員になり次第締切ります。

タイとインドTTCへのお申込みは、こちらのリンクからどうぞ。

< 申込書を記入する前に必ずお読みください! >

  •  クレジットカード番号、支払方法なども含め、項目すべてに入力してください。そうしないと、申込が完了したことになりません。記入もれのないよう全ての欄に入力して送信ください。
  • 送信後、入力エラーの文字が出ていないことをご確認ください。24時間以内に確認メールが届かない場合、エラーになっている可能性が高いです。
  • 申込フォームに入力の際は、メールアドレス入力を含めて、すべて半角英数字となります。また、アルファベットは大文字でなく、小文字で入力してください。全角で入力したり、大文字で入力すると、申込が完了できませんのでご注意ください。
  • 申込フォームに入力するご連絡先のメールアドレスは、 Yahooメールやgoogleメールなどパソコン対応のメールアドレスをご記入ください。 docomoやauやsoftbankなどの携帯メールアドレスを入力すると、完了メールや確認メールが受信できませんので、ご注意ください。
  • お支払い方法は、クレジットカードの一括支払いのみとなります。カードの利用限度額が20万円で設定されている場合などエラーになることがありますのでご注意ください。その場合、入力された情報は保存されますが、クレジットカードでのお支払いが完了するまで申し込みは確定しません。
  • コース代金はUSドルでお支払いいただきます。お支払いに使えるカードは、VISAカードとMasterカードのみです。 カードは本人名義のもの以外でもお使いいただけます。
  • カードの有効期限を入力する時は、月と年の間にスラッシュ ( / ) を入力しないようにしてください。入力した場合、申込不備となりますのでご注意ください。
  • 申込フォームの支払項目にあるCVV number とは、カードの裏面に有る番号の下3桁の番号のことです。
  • 申込フォームとカード決済項目を入力すると通常は15分以内で申込完了メールが送られてきますが、場合により数時間かかることもあります。申込完了後に遅くとも数時間以内に確認のメールが来ない場合、受付が処理されていない可能性が高いので、もう一度最初から入力しなおしてください。
  • 申込完了メールが迷惑メールのフォルダーに入ってい場合もありますので、必ず迷惑フォルダー内をご確認ください。(特に、yahooメールとg-mailをご使用の方は、迷惑メールフォルダーに入る可能性があります)
  • TTC 申し込み後、コース開始前にキャンセルする場合は事務手続$150がカード会社によって差し引かれ、残金はカード経由で返金されます。また、他の場所で開かれるTTCやYoga Vacationで使用できるクレジット・ノートの発行という形での返金も可能です。
  • タイは30日以内の滞在ならビザ不要です。コースが27日間ですので前後数日滞在しないで帰国する方は不要ですが、30日以上の滞在になりそうな方は前もってタイ観光ビザを取得して下さい。コースの拘束時間は日曜日の夕方から4週目の金曜日の夜10時までになりますので旅行日程はあわせて組んで見て下さい。

*インドTTCの参加者は必ず観光ビザを取得してください。

コース前後の延泊について

タイはリゾートホテルを利用するため、延泊する場合はホテルに直接予約をしてください。TTC受講生であることを伝えると特別料金で宿泊できます。支払いは現地で直接リゾートに払います。

インドはヨガバケーションとして宿泊できます。支払いは現地で現金もしくはカード払いになります。インドのアシュラムの延泊を希望する方は、TTC申し込み後にパスポートのスキャン画像を添付したメールを送る際に、メール本文に何日から何日までextra stayを 希望するかを明記してください。

 

その他の注意点

  • ユニフォームサイズはアメリカンサイズなので日本の基準で選ぶと大きすぎることがあります
  • 日本語のサポートの付くコースで、申込書記入時にJapaneseの選択がない場合はEnglishを選択しておいてください。後ほどメールにて日本語通訳が必要かどうかを確認させていただきます。
  • 住所が長すぎると申込書の自動受理ができない場合があります。

英語での記入の仕方がわからない場合 ナラーヤニ紀子先生までお問い合わせください。
電話:090-6102-2385   Eメール: ttcjapan@sivananda.org